ブログ

2014 / 12 / 14
13:50

読谷子ども芸能祭

姫が昨年に引き続き「読谷子ども芸能祭」へ出演するご縁をいただきました。
我が家の姫は練習不足で、見ていてうっとりするような踊り・・・
とまではいきませんが、きれいにお支度をしていただくと
"馬子にも衣装"というところでしょうか(笑

ちなみに今年の演目は、「若衆特牛節(ワカシュクティブシ)」

元服前の若衆の長い人生における幸先をことほぐ祝儀的要素の強い舞踊の一つ。
出羽から舞台中央で基本立ちするまでの歩みが特徴的で
笛と太鼓の奏でるフーヒーとかけ声にのって、荘重かつ厳粛に登場し、
その所作は、この演目のみで若衆の持つ意気を表現する、のだそう。

*左端にいるのが姫っ子です(*´∀`)

この頃は私自らの趣味嗜好のアンテナで動く、というより、姫っ子の意向で動くことがもっぱら。
自分の選択肢にはないこともあって、半ば付き添い程度の気持ちでいたにもかかわず
いつのまにか私のほうが思いっきり心を動かされ涙目になっていることもしばしば(苦笑

「子供を通して感動をもらう」
なんてよく耳にしていたフレーズを
まさかここにきて実感することになるなんて・・・。(笑

昨年の様子はこちらから→ 

Today's Schedule